美容外科プラザ

垂れたものは元に戻らない!

垂れた胸や尻は、下着やガードルでカバーできます。

が、しかし、顔や瞼は、隠しきれない!どうすればいいでしょうか?
 

個人の特徴や感情や体調の表現によく使われる!
 
・目は心の鏡

・目は口ほどに物を言う

・目元千両口元万両

・目で殺す(悩殺)

・目つきが悪い

 

 

眼瞼下垂の定義

眼瞼下垂とは、正面視で角膜が2mm以上隠れ、視野の狭窄を来たしている病的な状態をいいます。

gankenkasui1.fw
 
 

このように見えたら眼瞼下垂症の疑いがあります

gankenkasui2.fw
 

眼瞼下垂症の症状と徴候

症状

瞼が重い、疲れる(特に夕方から夜にかけて)
視野が狭くなる,見にくい
頭痛、肩こり、首のこり
 

兆候

眠たそうな眼に見える
二重瞼の線が下がる、二重の幅が広がる
眉毛が高くなる:眼と眉の間が広がる
額に横シワが増える
黒い瞳の一部が見えなくなる
姿勢が悪くなる、あごが前に出る
皮膚がたるんで余る
眼の上がくぼむ(sunken eye)
 

眼瞼下垂症の分類と原因

真性眼瞼下垂症

  1. 先天性(生まれつき):動眼神経分枝及び挙筋の形成不全
     
  2. 後天性
    ①眼瞼挙筋腱膜性(老人性):最も多い
    ②神経性
     動眼神経麻痺:脳腫瘍、外傷、ウィルスなど
     交感神経麻痺:ホルネル症候群
    ③筋性:外眼筋ミオパチー、ミトコンドリア脳筋症
    ④内分泌性:甲状腺性
    ⑤外傷性:軟部組織、骨折、術後(白内障、緑内障)
    ⑥炎症性:外眼筋炎、線維症、
    ⑦腫瘍性:神経線維腫、血管腫等
    ⑧神経筋接合部性:重症筋無力症

 

偽性眼瞼下垂症

①皮膚弛緩症
②顔面神経麻痺
③本態性眼瞼痙攣
④強直性眼瞼痙攣:Meige症候群
⑤眼球後退症
⑥無眼球症・小眼球症・眼球瘻

 

眼瞼下垂症の治療

  • 原因疾患があれば、その治療を
  • 先天性や腱膜性、皮膚弛緩性の場合、手術以外に手が無い!

挙筋機能有り:眼瞼挙筋腱膜前転法
挙筋機能無し:筋膜移植法

 

麻酔・入院・通院・保険など

大人は、原則局所麻酔
・両側同時なら、2~3日の短期入院
・片側なら、外来通院

子供は、原則全身麻酔+1週間入院

健康保険適応

 

Top