美容外科プラザ

クマの原因は、紫外線・ストレスが原因の色素沈着、目の疲れ、ドライアイ、血行不良、老化に伴う目元の薄い皮膚が垂れ下がりによる目の下のくぼみ。などがあります。

目もとの皮膚はわずか0.1mmと薄く、皮下脂肪も少ないため、色素沈着や血行不良がくまになって目立つことがあります。

クマは大きくわけて、
青クマ
茶クマ
黒クマ
に分けられます。

青クマ
寝不足や運動不足、ストレスや、長時間のパソコン作業などによる目のまわりの血行不良が原因となります。
この血行不良により、酸素不足で黒ずんだ血液が透けて青白く目立ってしまう状態です。

茶クマ
紫外線によるメラニン色素の沈着や、メイク落としの際などに目のまわりを強くこすることなどが原因となります。
新陳代謝の乱れでメラニン色素が増加している状態です。夏場は目の下の紫外線対策もしましょう。

黒クマ
皮膚の老化に伴う目元の薄い皮膚が垂れ下がりによる目の下のくぼみなどにより、目の下が黒く目立つようになります。
目の下の脂肪を支える筋肉が衰えてたるみが生じている場合は、衰えた部分をふっくらとさせることによって解消することができます。

 

主な治療法として、レーザー照射、ヒアルロン酸注射、手術などがあります。

 

 

 

Top